副業のススメ

おすすめの副業や、役立つ情報を紹介していきます。

「沈黙のWebライティング」を読んだ感想【ネガティブな感情の正体】

f:id:sawakoko:20200122212439j:plain


「沈黙のWebライティング」は、有名なブロガーの人など多くの人が、よく薦めている本です。

 

表紙の帯に、個性的なキャラクターが描いているので、とても目も引きます。

 

ブログ運営をしている人には、気になる本だと思います。

 

「沈黙のWebライティング」を読んだ感想を書きたいと思います。

購入した時の感想

「沈黙のWebライティング」は、ネットで中古で買いました。

 

届いて思ったのが、分厚い!!ということです。

 

厚みが約3㎝あります。

 

重い!が第一印象です。

読み終わるまでの時間

「沈黙のWebライティング」は、イラストと吹き出しを仕様したストーリー部分と、文字での解説が、交互にあります。

 

ページ的には、イラストを使用したストーリー部分の方が多いです。

 

このような、イラストと吹き出しを使った本を初めて読んだので、斬新に感じました。

 

エピソード1~7と、エピローグがあります。

 

一日に、1エピソードを読んでいったので、一週間ほどかかりました。

 

1エピソード分のストーリーと解説を読むだけで、満足感がありました。

沈黙のWebライティングの感想

「沈黙のWebライティング」を読み終わって感じたのは、読むのに時間がかかったなということです。

 

ストーリーの印象が強いので、どんな本か一言で語ることが難しい本です。

 

しかし、ブログを書いている人、ブログを運営している人、Webライターをしている人、Webで集客をしたい人には、思い当たるふしが多い本だと思います。

 

コンテンツを自分で作って、発信する時に、自分の軸をもっていないと迷ってしまいます。

 

アクセスを集めるだけに作るのか、誰にために書くのか、収益だけを追求するのか、自由だけれども、責任を伴います。

 

「沈黙のWebライティング」の中で「敬意」という言葉が登場します。

 

Webの世界は、自分が発信したものが誰が読んでいるのか実感がありません。

 

しかし、読んでいるのは人間であることを考えないといけません。

 

「敬意」を忘れないで、コンテンツを作ることが、大切だと感じました。

 

ネガティブな感情の正体

 

もう一つ、共感したところが、ライターへの記事依頼について書かれた部分でした。

 

「最初から全力でフィードバックする、途中から強くすると、相手の中にネガティブな感情が生まれやすい」

 

この部分でした。

 

私は、お金をもらい文章を書いたことがあります。

 

お金をもらっている以上は、真剣に書きます。

 

しかし、途中でダメだしされると、「先に言ってほしい、今までの記事が期待に応えられていなかったのか」という気持ちになります。

 

不愉快な気持ちになるというのでなく、応えられていないという事に落ち込むのです。

 

仕事を依頼する側からすると、指摘したから気を悪くしたんだなと思っているでしょう。

 

「ネガティブな感情」という表現はピッタリだと思いました。

 

人に言葉だけで伝える難しさがあります。

 

ネットを通じた世界でも、結局は人なので、人に敬意を払えない仕事をしている人は衰退していくでしょう。

 

 「沈黙のWebライティング」は、きっと経験や体感が増えるほど、納得する部分が増えていく本だろうと思います。

 


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

 


沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 [ 松尾茂起 ]